2010年01月31日

最強の転職マニュアル

口コミ感想レビュー



詳しくはこちら



あなたのやりたい事を見つけ、1回の転職で最高の職場を手にする方法




私は、退職願を出すことなく、4年間働いたリフォーム会社を飛び出しました。

厳しいノルマ、残業120時間という労働環境、
上司の激ヅメ朝礼に、安月給(手取り21万円)・・・

これが、当時の私が置かれていた状況でした。

当時の私は35歳、
20代の人達との会話が噛み合わない、いわゆるオジさん世代です。

働けどもたまるのはストレスと仕事だけ。

そして私を最終的に待っていたのは、流行りの“プチ鬱”と、
まぶたが慢性的に痙攣する“不思議な病気”でした。

売り込む商品も、かなり高額なもので、
それをあの手この手で相手の好奇心かきたてるように誘導していました。

売りたくないような商品をだまして売るような営業活動が当たり前で
私はどうしてもこの仕事を好きになれませんでした。

そして、ノルマを達成できたりできなかったりと成績が安定していない私は、
社内での評価もよくなく、給料(手取り21万円)も上がらないままでした。

さらに、上司だけでなく、後から入社してきた後輩にも成績を抜かれ、
同僚のほとんどから馬鹿にされていました。

唯一の楽しみといえば、週に一度、結婚を約束した彼女に会うこと。

しかし、勢いで退職を決めた話を聞くや否や


「仕事が決まるまで会わない方がいいよね?」


と、逃げられ、さらに自己都合で退職した場合は
3ヶ月間も失業保険をもらえないという現実にぶち当たりました・・・

今までの安月給で残った貯金はごくわずか・・・

仕事、お金、夢、時間、恋人・・・全てを失いながら
もはや生きる意味を失いつつあった完全な負け犬。

誰もが、私をそのような目で見ていたはずです。


“ある事がおきるまでは・・・”









はじめまして。当ページを運営している石原です。

既に、読んでいただいた話の通り、 
ちょうど9ヶ月前の今頃、私は絶望の淵にいました。

しかし、今では、転職を成功させ、

仕事や給料に不満もなく人生を送る事が出来ています。

東京の自宅にて


そんな私がこのホームページを立ち上げた理由、それは





それだけです。


「いや、私は年齢がもっと上だし、転職回数も多いから・・・」

「今まで派遣と契約社員で働いた経験しかないから・・・」

「職歴にブランクがあるし、学歴もダメ。大した仕事しかしてこなかったし・・・」



と思われたかもしれませんね。


確かに転職は、あなたが思っているようにラクではありません。
私もそれは体験済みです。


実は私、今でこそ半年で課長代理に昇格したほど、
仕事に熱意をもって結果を出せていますが、
前職では、どんな会社にも必ずいる、クビ寸前のダメサラリーマンでした。


仕事がイヤでイヤでたまらなく、時々会社を抜け出して・・・
出来なかった理由は、すべて人のせいにして・・・
上司に同じ事で何度も怒られて・・・

挙句の果てには、後輩に「説明の意味が分からない」と反論される・・・。

そして、最終的には「勢い退社」ですから。


残った業務を他の人に全部、なすりつけて勝手に退社をしてしまいました。
そんなボロボロだった私が、簡単に転職できるわけがありません。

契約社員として働き、違う職場へ移ることを何度も繰り返していたため、

はっきり言って職務経歴もひどいものでした。


転職活動に関しては、人一倍苦労したと思います。
だからこそ、あなたが転職を難しいと考える気持ちはよく分かります。

あなたも、これまでにたくさんの努力をしてきたはずです。


例えば・・・


などなど。




詳しくはこちら



しかし、あなたは実際に転職する事ができましたか?

少なくとも、心の底から “ここで働きたい” と思える会社に出会えましたか?


答えは”NO”でしょう。

だからこそ、今この手紙で私と出会ったのです。

あなたは今まで、


”やれるだけの努力をしているのに、なぜ採用されないんだ!?”

”なぜ、誰も私の良さに気付いてくれないんだ!?”


と、心の中で何度も何度も叫んだのではないでしょうか?

私は毎晩そのような悩みを抱え、夜も眠れませんでした。

「慎重に選考した結果・・・」というメールが送られてくるたび、
マウスを思わず握りつぶしそうになるほど、怒りに震えました。


しかし、こんな私がなぜ、転職で180万円も年収をアップさせ
今ここで、このような長い手紙をあなたに書ける時間があるのか?

不思議に思いませんか?


実は、それにはちょっとした秘密があるのです。


人生の負け組だった私が、いかにして転職を成功させたのか?

その秘密を、今からあなたに包み隠さず公開しようと思います。



お名前(ニックネーム可) :

メールアドレス:








結論から言います。

実は私、自分の力で転職を成功させたわけではありません。

私が転職できたのは、ある人の力があったからです。

私に転職活動の全てを叩き込んでくれたアドバイザー・・・


まずは、私がどのようにして彼と知り合ったかをお話しましょう。








私が、勢いで会社を辞めた3日後、会社から退職受理の通知が届きました。


「やってやった!」

「世の中にはもっといい仕事があるはずだ!」

「今から俺の人生、やりなおしだ!」


そう、ポジティブに考えたのも、つかの間・・・。
私を待っていた転職の現実は、想像を絶するものでした。

結果から言いますと、全く採用されないのです。


いや、面接にすら進めない場合が殆どだったのです。

確かに、私は学歴も低いです。
言えば思わず赤面してしまうような、4流大学です。(しかも一浪)

さらに、人文学科という、ビジネスマンとしては
何の役にも立ちそうにない、学科の卒業生でもあります。


そして、前に働いていた会社は、後々知った話ですが
”ブラック企業”と呼ばれる、世間的な評価がボロボロの会社だったそうです。

そういえば、よく消費者センターや、労働基準局から問い合わせが来ていたと思います・・・。


このような前職の印象もあったのかもしれません。
何回応募しても、カスリもしませんでした。


しかし、働かざる者食うべからず。

私は、何回、書類選考で落ちようが


“自分はまだ若いし、可能性もあるはず。”

“それを認めてくれる会社はきっとあるはずだ!!”

“ってゆーか何でおれの良さがわからないんだよ!”


そう思い、諦めずに転職活動を繰り返し、様々な人のアドバイスを聞き、
履歴書や職務経歴書を作って応募にあけくれました。

人材紹介会社や、スカウトサービスがある転職サイトにもガンガン登録しました。

しかし、紹介がくる案件は、自分が前に働いていたような、
イケイケの飛び込み営業会社ばかり。


「月80万円も夢じゃない!!」と、見事な誇大広告が、
思わず過去の、凄惨な思い出を彷彿させてくれました。

逆に自分が興味のある会社を自ら見つけて応募しても、全然面接にすら呼ばれません。
失業保険はすぐに受け取れないし、仕事も決まらない。

お互い、結婚を前提として付き合っていた彼女にも


「仕事が決まるまでは、会わない方がいいよね?」


と遠まわしに逃げられ、私は、身も心もボロボロになっていきました。

もう、どうせだったら歩合が高いだけの訪問販売会社に絞り込もうか?
この世界で、鬼になってみせようか?


と、思っていた時の事です・・・






前職の同僚にばったり出会ったのは、都庁近くの大きなビルの下でした。







私はそのビルで開催されていた転職セミナーに参加していて、ちょうど昼休憩のときでした。

ビルの下にあるコンビニで、おにぎりをカジっていると、
見覚えのある男性が前から歩いてきました。


雰囲気はガラッと変わっていましたが、間違いなく、前の職場で一緒だったAでした。
彼は、私の1週間前に辞めていった人間で、私にとってはいわゆる後輩にあたります。

私は、バレないよう、後ろを振り返りやり過ごそうと思ったその時・・・


「石原さん!」


と、私に気が付き、Aが駆け寄ってきました。

・・・うわー、めんどくせーなぁ。


そう思うも、もう開き直るしかありません。
私が、まっ昼間にこんな場所にいるなんて、不自然すぎます。

私は、近くのベンチにAと腰掛け、苦戦している現状について語り始めました。

Aは真剣にその話を聞き、昼休みが終わる頃、私に1枚の手書きのメモを渡しました。
そのメモには、ある連絡先が書いてありました。


「何これ?」


私がAに尋ねると、Aはこう答えました。


「僕も、会社辞めた後、石原さんと同じような悩みを抱えてましたよ。」

「でも、今の会社に入れたのはこの人のおかげなんですよ。」

「だまされたと思って、電話してみたらどうですか?」


一礼して立ち去るAの襟には、見た事のある企業のバッヂが銀色に輝いていました。


・・・ダメもとで、電話してみるか。


普通なら、ちょっと怪しいと思ってしまうところですが
その時の私は、疑う余地がないほど切羽詰まっていたのです。








(有) TS*****
坂田 劉生

Aから渡されたメモに書かれた会社名は、まるで聞いた事のない名前でした。
驚いた様子もなく、淡々とした口調で電話に出た坂田氏。


彼は、転職スナイパーと呼ばれているそうです。

私は電話で、転職の相談に乗ってくれると聞いて電話した旨、
自分が置かれている状況、抱える悩み、全てを打ち明けました。


そして、ひとしきり私が話し終えると、坂田氏はこう言いました。

坂田  「このままだと、どこも石原さんのことを採用しないかも知れませんね。」

わたし 「・・・どうすればよいでしょうか?」

坂田  「とりあえず今やっている転職活動の全てをやめた方がいいと思いますよ。」

わたし 「いや(汗)、それじゃ採用されないどころか、何もできないのでは?」

坂田  「普通のやり方では、石原さんは不利だからです。」

わたし 「そうは思いますけど・・・、いったいどんなやり方を?」

坂田  「ちょっと、裏技を使いましょう。いいですか?転職のやり方は・・・」


この電話で私は、今まで誰も教えてくれなかった、衝撃的な事実を知ることになりました。
たった1本の電話で、なぜ私が今まで転職で失敗続きだったのかはっきりと分かったのです。




詳しくはこちら




そこで私は、ひとつの賭けにでました。


「お願いです。坂田さん。私に直接会ってアドバイスをいただけませんか?」

「今は手持ちがありませんが、お金は必ず払いますから。」


あのAを東証一部上場企業に転職させたくらいですから、
指導料がとても高いのではないか、ということはうすうす感じていました。

でも、ちゃんと熱意を見せれば、なんとか助けてくれるかもしれないと思い、
あえて金額は聞かず、ストレートにお願いしたのです。

どれだけ高くても、いい会社に転職し給料が上がれば余裕で払えますから。


実際のところ、私の貯金残高は既に2万円を切っていたのです・・・


坂田氏の返事はシンプルでした。


「いいですよ、石原さん。Aさんから話は聞いていますから。」

「あなたが望む会社に入れるよう全力でサポートしましょう。」


さらに坂田氏は、こう続けました。



「その代わりコンサルティング料は、個人で払うには決して安くはないですよ。」

「無事に転職が決まり、新しい会社で落ち着いた後で構いませんが・・・。」

「それを聞いても、転職で勝ちたいと本気で思いますか?」



坂田氏から聞いた金額は、今まで自分に投資したことのない私にとっては

経験したことのない額でビビりましたが、



転職で全く先が見えない人生から何とかして逃れたいと思う一心で、

投資額以上の価値ある転職を決めると心に誓い、翌日坂田氏と会うことになりました。



そして、それから17日後、奇跡は起こります・・・。










わずか、17日後です。

信じられないかもしれませんが、坂田氏と直接会ってわずか17日後に
私は、今勤めている会社から内定をもらっていました。







転職スナイパーの指導を受けて起こった出来事・・・

それは大きく分けて3つの出来事になります。





転職スナイパーの指導を受けてまず起こった出来事。

それは、自分が興味を持てない会社の採用試験を受ける必要がなくなったという事です。

つまり、自分が興味を持てる会社だけ、受けられるようになったのです。

今まで諦めていた、「誰でも知っている会社」「ムリだと思い込んでいた会社」も
普通に、採用試験を受けられるようになりました。


そして、その中でも、
「自分の個性を評価してくれる会社」に連続して出会う事が出来ました。


実にテクニカルな方法を用いますが、転職スナイパーの指示通り求人を探すと、
私が前向きに興味を持てる企業の情報ばかりが手に入るのです。





次は、応募書類です。

今まで書類選考で9割以上落ちていた私ですが、
転職スナイパーにチェックしてもらった書類を送ると、どんどん面接に呼ばれるようになりました。


決してキャリアや学歴にウソをついたわけではありません。


私の事実を捻じ曲げることなく、表現方法を少し変えただけで
百発百中で選考を通過する書類を作成できるようになったのです。





3つ目は面接です。

昔は面接と言えば自分を見透かされているようで怖く、
どうしても自分の良さを伝えきる事が出来ませんでした。

しかし、転職スナイパーから、面接用のマインドセットを伝授してもらった次の日から、
すぐに素の自分のよさを相手に伝えることができるようになりました。


今まで、いろんな本で “素の自分”、“自分の言葉” というキーワードを見てきましたが
35歳になって、初めてその意味が理解でき、使いこなせるようになりました。

そして、今まで自分を見下していたような面接官でも、
面接を進めるにつれて、私にドンドン興味を深めていっている感覚がありました。

そしてその結果、内定も複数得られるようになったのです。



結局、最終的には、辞退したものを除き、8社から内定をもらいました。



そしてその中から自分に最も合いそうな会社を選び、働き始めることができたわけです。

年収は前職に比べて180万円アップ。
そして土日祝日は休みが約束された会社が、私の新しい就職先です。







信じられないかもしれませんが、これは本当の話です。
なぜ、転職活動でもさえなかった私が、見違えるような結果を出すことが出来たのか?

それは一言で言えば、転職スナイパーから教えてもらった、

“転職活動で一番成果が出やすい具体的な方法”を実践してきたからなのです。













今だから告白しますが、転職活動を始めた頃の私は、




ウェブサイトや市販の転職本の内容に書かれていることを “真実” だと思いこみ、

馬鹿正直なくらい、書かれていた通りに転職活動をしていました。

でも、それが結果に全くつながっていなかったことに気づいたのは、

転職業界に精通し、転職支援の実績を豊富に持つ坂田氏が指摘してくれたからです。



実際に、彼は、私や元同僚のAだけでなく、
今まで数々の劇的な転職をプロデュースしてきました。

そんな事が出来るのも、彼の今までのキャリアがあるからなのです。

彼の略歴をご覧ください。





あまりにも派手なキャリアなので、最初私には信じられなかったのですが、
坂田氏の昔のレジュメを見せていただき、納得しました。



確かに坂田氏は、人材ビジネス業界において、求人広告、人材紹介(転職エージェント)、
人材派遣、ヘッドハンティングなど、全てのタイプの経験があります。

そして、今までに時給1,100円の人から、年収で8,000万円の人まで、
幅広い人たち何千人と接し、転職を成功させてきました。


そんな彼が、結局、表の転職業界から姿を消したのには理由があります。

それは、現在の転職業界が抱える矛盾点にありました。



当時、転職市場の最先端にいた坂田氏は、
企業の利益が先行する転職支援サービスのあり方が気になっていました。

また、あまり知識や情報を持たずに転職活動をし、自分が知っている狭い世界だけで
「今後の一生に影響を与える」職を決めてしまう人が多い状況に、すごく疑問を感じていました。


転職者のためではなく、自社の利益のために転職希望者を言葉巧みに転がす。

転職者は、転がされている事に気付かず大切な事を安易に決めてしまう。


このままでいいのだろうか・・・?

いいわけがありません。

だからこそ、坂田氏は立ち上がりました。


今仕事を探している人や転職(候補)者がもっともっと「転職活動」について知り、
自分にとって幸せになれる仕事探しをしてほしい!

ただこの「思い」だけで、いくつもの有名企業からのオファーを断り、
業界を敵に回してでも理想的な転職市場の創出に向け活動しているのです。



ある意味、彼がやっている事は、


転職者を食い物にしている転職産業の構造的問題を大暴露することでもあります。

しかし、

“転職者に真実を知ってもらい、それを転職活動に活かして成功してもらうこと”

これこそが坂田氏の理想なのです。

私はその思いにとても共感しました。

また、実際に坂田氏のアドバイスによって転職で成功したことで、
今まで人から言われてきた「転職活動の常識」がなんとバカバカしいものか痛感しました。



そこで今回、坂田氏に私の思いを打ち明け、本当の意味で転職で幸せをつかむための
坂田式転職ノウハウを世に公開することにしたのです。



過去、1,200人以上の転職者を成功させた、そのノウハウとは、












転職者の殆どが、企業への応募や面接に意識を向けがちです。
しかし、実はその前から勝負は始まっています。

いわゆる“転職前準備”で活動の方向性が決まるといっても過言ではありません。
80%以上の転職者が怠ってしまう(というより知らない)転職の準備で、ライバルに
圧倒的な差をつけてください。

時間はかからないけれども必ず準備しておきたい、あなたの転職活動を加速させる
基本項目を教えます。これを知る事によってあなたは、転職業界の間違ったウソに
怒るどころか、その状況をチャンスにすら感じる事でしょう。




詳しくはこちら



転職活動は「苦しいもの」?
  まず根本的な考え方を変えて楽しめるようになる秘訣とは?

最初の5分の準備を惜しんで大惨事に!
  一番始めに必ずやっておくべき5分の作業とは?

作ったことがない人は必見!転職活動で必要となる履歴書と職務経歴書を
  とりあえずアッという間に作るワザとは?

「大企業の方が安心!」「募集年齢に入ってないから応募できない」等、
  あなたが大損するような間違った思い込みとは?

転職雑誌などで「転職成功者」としてインタビューされている人の光と影とは?

仕事によっては転職に活きる資格・活きない資格がある。
  それらをリアルに知る方法とは?

その辺にいる疲れ切ったサラリーマンや擦り切れたOLと同じように
  ならないための方法とは?

あなたも騙されてる?転職に関する業界人の知ったかぶりの中に隠されたウソとは?

2週間で次の職場に働き始めるか、1ヵ月後か、3ヵ月後か。
  各タイプに応じた具体的なスケジュールとは?

いきなり上司に辞表を叩きつける前に。
  失業保険について知らないと大損することとは?


自分にウソをついた面接トークなんて、面接官に10秒で見抜かれます。
あなたが面接官の心を鷲掴みにする本物の言葉を使いこなすには、自分の心に
ウソ偽りなく、自分の良さややりたい事に気づき、今後自分が進んで行く道に
気づく事です。その為には、坂田式のスピード自己分析法がベストです。

面接官に聞かれる「志望動機は?」というありきたりな質問に、
強烈なカウンターをお見舞いしてください。





やりたいことが見つからない!と嘆いている人へ。
  自分が探しているのはこんな仕事だ!とピンとくるようになるには?

「自己分析」って聞くけど何を分析するのか分からない人へ。
  実は○○と○○について考えておけばいいと知っていますか?

フリーター、ニート、派遣社員、リストラ社員でももちろん転職で成功できる!
  その根本的な考え方とは?

「自分探し」に関する圧倒的に多い間違い。あなたはまだサッカーで稼いだ
  お金やバイトで貯めたお金で旅を続けますか?

やりたいことはあるけど、だからってそれを仕事にできないだろ?と思う人へ。
  どうやって仕事と結びつけるか知りたいですか?

「自分の強みがわからない」「自分の個性ってなんだ?」と悩んでしまった人が
  その確かな答を得られる最後の手段とは?

志望動機がなかなかうまく作れない人が、すぐに通用するような動機を
  あっという間に作れてしまう驚きの方法とは?

「あなたの夢は何ですか?」という質問に答えられない人が、
  このよくある「夢」コンプレックスから解放されて自由になるには?

今からベルリッツに行って英語の勉強?
  そんな無駄をする前に知っておいた方がいいこととは?

「自己PRをお願いします」と言われてどきっとした経験のある人へ。
  そんなアホな質問を軽く流せるようになるには?


「ここで働きたい!」と心の底から思える職場と出会うことが、転職成功の絶対条件です。

あなたが今まで理想の会社に出会った事がないのは、

運が悪いからではなく、出会い方を知らなかっただけです。

ここでは、作為的に理想の職場と出会う、超具体的な方法を伝授いたします。
あなたはこれで、徹夜で転職サイトを検索する苦しみ、そして興味のない求人しか
よこさない転職エージェントから解放されます。





転職を支援する業界の人たちが絶対にあなたに知られたくない、
  実は一番結果が出る仕事の探し方とは?

どこの転職サイトにも転職本にも書かれていない、すごく効率的な仕事の探し方とは?

仕事探しの基本なのに、転職者の殆どが知らない3:3:3:1の法則とは?

「今の仕事が忙しくて仕事を探している余裕がない」といういつもの言い訳が
  できないほど手間のかからない仕事の探し方とは?

星の数ほどある人材紹介会社の中でもまずは押さえておきたいおススメの会社は?

登録しただけで会ってすらもらえないような転職エージェントも多い!
  チャンスを無駄に減らさないような活動の順番は?

今の仕事より年収が100万円アップする仕事の、簡単な探し方とは?

「えー!こんなヒドイ会社の求人も掲載しちゃうの??」あなたが知らない、
  転職サイト営業のエグイ実態とは?

「なかなかいい会社に出会えない」と思っている時ほど試してみたい裏ワザとは?

優しい顔をしてるけど用済みになれば連絡が途絶えてしまう、
  人材紹介会社の人たちとの上手な付き合い方とは?


いくらいい会社を見つけても書類選考で落ちたら意味がありません。
採用担当者の心をわし掴みにする、応募資料の作り方を教えます。




詳しくはこちら


posted by レオナ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。